ボール落としゲーム

目次

  • 作品、詳細
  • 作成フロー
  • まとめ

作品、詳細

玉が上部からランダムに落下してくるのを白いバーで受け止めるゲームです!

キーボードの左右の(矢印)→を使って白いバーを動かしてボールを受け止めます。

玉を受け取るごとに、バーが小さくなっていきます。

ボールを受け取ることができなくなったら、ゲームが終了します。

ゲームが終了したら、”reply”画面が出てくるので、リプライを実行すると再びゲームが再開されます。



昔の、単純なケータイゲームのような作品です。

作成フロー

作成フロートしては主に2つの部分に分かれます。

  1. オブジェクトの配置
  2. 動的要素の配置

Uunityの開発画面です。

①オブジェクトの配置

オブジェクト(ボール、白いバー、プラットフォーム)などは、手動で直感的に配置します。

マウスでドラッグ&ドロップするだけで、ゲーム作品内に配置できるので、動的な要素を必要としない際(背景など)を作成するのは誰でもすぐにできると思いマウス。

②動的要素の配置

ボールの速さや、ボールがどの位置に落ちるかなどの動的な要素はC#のスクリプトで微調整します。

まとめ

今回は、Unityを使って簡単なゲームを作成しました。Unityは基本的に視覚的にオブジェクトを配置するだけなので、高度な技術はあまり必要ないと感じました。(単純なもの)しかし、動的な動きをつけようとするとプログラミングが必要になるので、複雑なプロダクトを作成する際は少し学習がかかると思います。

プログラミングの無料学習サイト(一部有料)。

今回のUnityのゲーム作成動画をはじめ、様々なプログラミング学習ができる、オンラインプラットフォームです。プログラミング初心者向けに丁寧に、動画解説されていて、非常にわかりやすいです。ゲームやwebアプリケーションを作る際に何から初めていいのかわからない人は、ぜひ一度使用してみてください。

https://dotinstall.com/lessons/basic_unity_v2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です